ブランド買取で使えるコーデ

ビジネススーツからオフィスカジュアルまでブランド買取で揃えちゃおう!

Contents

注目サイト

クラウンジュエル


ブランドの買取、バッグ・古着・洋服の買取ならスタイリストや芸能人も多数参加しているファッション専門買取のクラウンジュエル

ブランドオール


ルイ・ヴィトン・シャネル・エルメス・グッチなど多数ブランド取扱。バッグ・財布・時計・貴金属(金・プラチナ)など、高価買取いたします!宅配買取なら、全国どこでも対応可能。

京の蔵小牧


ブランドジュエリーや時計、バッグなど人気レア物が激安です。高価買取りも可能です。ロレックス、カルティエ、エルメス連日大量アップ!

知名度が高いブランド買取は広告費も高いことがあります

ブランド買取の業者は日本の各地にあり、それぞれの業者が競争しあうことで業界を成立させています。 その競争のテーマとなることは数多くあるものの、消費者からも判断しやすい競争のポイントになっているのが、それぞれのブランド買取業者の知名度というところです。

インターネットで検索をして一番最初に出てくる業者というのは当然有名であるとして言えますし、インターネットの検索で全く見つからないような業者は無名の業者ということになります。 有名な業者ほど安心感を抱きやすいというのはほぼ全ての消費者に言えることで、ブランド買取業者は有名になり、多くの顧客を取り入れることを目標にすることもあります。

さて、しかしながらその知名度だけでブランド買取業者をチェックするというのはあまり良いことではありません。 特に高価買取を期待するのであれば、有名かどうかよりも別の部分を優先してチェックしなくてはならないのです。 ではどうしてこの有名か無名かということが最優先のことにならないのかというと、知名度が高いブランド買取業者というのはそれだけ広告費も大量に投入している可能性が高いからです。

かつての社会では広告費を投入して広告を出すとすると、雑誌広告やラジオCM、テレビCMといったようなものが主流でした。 しかしそこで広告を流してもらうとなると、かなりの広告費がかかることでしょう。 それが全国ネットということになると、その費用は膨大なものになります。 現代であればインターネット広告などでかなり割安に、かつ効果的な広告が出せるようにもなりましたが、それでも広告を出すということはそのまま広告費がかかるということになります。

さて、ではこのポイントがどのように重要になるかというと、考えたいのが「経費が大きくなれば利益が小さくなる」ということです。 例えば全く経費をかけていない業者が5万円で仕入れたバッグを10万円で転売出来たという場合、その業者の利益は5万円です。 しかしこれに対して経費が5万円かかる業者だと、5万円で仕入れたバッグを10万円で転売しても利益が出ません。 仕入れ、買取額の5万円と経費の5万円を足せば既に10万円という金額を出してしまっているからです。

ではどうするのかというと、当然最も削りやすい部分、買取額の部分を減らしに行きます。 つまり先ほどのケース、経費が5万円かかる業者であれば買取額を4万円、3万円と引き下げることで利益を出すほかないのです。 このように広告費を大量に投入している業者の場合、必要経費が大きい分買取額の部分が安くなりやすいということは注意が必要です。 もちろん有名であるということはある程度安全性を証明するという要素にもつながるのですが、広告ばかり打って利益を出しづらくなっているような業者の利用は慎重に検討した方が良いでしょう。